会社概要

会社名 エスシーアンドエスシー株式会社
英文社名 SC&SC Inc.
代表取締役 佐藤 純司
資本金 200万円
従業員数 5名
本社所在地 群馬県高崎市新保町139-1 1F
東京支店 東京都港区麻布台2丁目2-3
大阪営業所 大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪タワーC 7FGVH内
Mail junji.sato@scandsc.com
TEL 027-393-6248(本社)
FAX 03-6697-6427(本社)
事業内容 【カーボン事業】
・炭素素材で製作する商品の企画、開発、販売
・炭素素材の加工及びコーティング
・調理器具や居住材、装身具の企画、製造、販売
・炭素ブロック、炭素建材の研究開発【IT事業部】
・システムコンサルタント及びRFP制作
・システム設計開発業務の受託
・各種パッケージソフト、Webツールの販売
・コンピュータ及び周辺機器の販売

 

 

会社沿革

1998年10月 エスシーカーボン研究所設立
※エスシーアンドエスシー株式会社の現社長の故父佐藤昌志が設立
1998年12月 カーボン製焼き芋器を製作
※カーボン製調理器具誕生
1999年

2006年

数々のカーボン製調理器具を開発
・炭鍋
・ピザ窯

・ハンバーグ炭板
・焼肉炭板
・たこ焼き器
・炭羽釜
・炊飯釜
・ステーキ皿
など多数あり、各料理店や各取引先へ提案・現在も販売されています
2006年4月 片山心太郎氏との出会い
※コラボレーションで「楽ごころ」開発
2008年7月 多々納大展氏との出会い
※大和串プランニング社で炭釜「啓」を展開
2009年8月 木炭に代わる炭芯を開発
※三宮の焼肉店に導入、3年以上耐久し衛生的で優れた熱伝導性でコストダウンに成功
2010年3月 パートナーのM氏と共にカーボン調理器具を開発・販売
・大阪府豊中市に焼肉用カーボン板を導入
2012年9月 佐藤昌志の他界に伴い、息子の佐藤純司が引き継ぐ
※カーボンの将来性や可能性に魅了
2013年3月 炭芯を改良
※3年以上耐久する素材と形状で再開発、コストダウンに成功
2014年6月 片山心太郎氏と出会い、「楽ごころ」を改善
・コーティングの改善→350℃耐熱から500℃耐熱へ
2014年10月 新たなカーボン製調理器具を開発
・炭板焼鍋
・ココット
・炭板皿鍋(禅)
2017年2月 エスシーアンドエスシー株式会社設立
※エスシーカーボン研究所の業務を移管
2017年6月 高崎支店を設立
※企画・デザイン・設計を担当
2017年10月 東京支店を設立
※企画・販売を担当
2018年4月 本社を群馬県高崎市に移転
※これに伴って、高崎支店、大阪営業所を設立
2018年7月 炭鍋「禅」が東京ビッグサイトで行われた DESIGN TOKYO 国際デザイン製品展2018にて優秀賞を受賞
2018年9月 事務所を群馬県高崎市新保町に移転
※これに伴って本社を移動

 

 

アクセス

電車でお越しの場合 : 事前に到着時間をお伝え頂ければ、お車でお迎えに参上いたします。